未来会議室ブログ

熊本地震から丸2年が経ちました

更新日:2018.04.14
スタッフブログ

熊本地震発生から4月14日の今日、丸2年を迎えました。

この1年間で、新たに42人の震災関連死が認められ、犠牲者は計264人。
被災住宅の公費解体は、ほぼ完了したそうです。しかし、今なお約3万8千人が仮設住宅などでの仮住まいを続けています。
生活再建やインフラ整備など、大きな課題が多く残っているのが現状。

そんな中でも、県のシンボル「熊本城」天守閣の大天守は4月に入り、大天守を覆う仮設の屋根も取り外され、真新しい瓦屋根には新しいしゃちほこも姿を見せました。

 

未来会議室の被害

.
熊本地震により、未来会議室も甚大な被害を受けました。




・ガラスが割れる
・配置されていたスプリンクラーの配管破裂
・天井が抜け、施設が水浸し
・エレベータのような設備や、パソコンやプリンターなどの備品も使用不可

休業を余儀なくされてしまいます。
.

 

私たちの取り組み

 

スタッフ一同で片付け、6月から施設の無事だった部分を無料開放。
7月からは、本格的な再開を急ぎました。

そこで始めたのは「クラウド・ファンディング」です。

きっかけは、休業中に未来会議室宛にいただいた、多くのお電話。

「震災直後より同じく被災し、仕事場を失ってしまったさまざまな方」から
・職場が被災し、復興には時間がかかる。しかし、その間にも仕事をする場所がほしい
・カフェではインターネットや電源などの仕事場としての設備に不便

このような要望に答えるべく、施設の無料開放と同時に進めました。

熊本の復興を“仕事場所”から。コワーキングスペース「未来会議室」を復活させたい!

 

たくさんの支援に感謝を

.
2016年7月7日に「クラウド・ファンティング」で募集を開始し、
51人の支援により、

目標金額の54万9千円を集めることができました。

改めまして、当プロジェクトに関わってくださった皆さまに厚くお礼申し上げます。


2017年11月23日に3周年を迎えた未来会議室は、スタッフ9人(平均年齢21歳)で
会員さまや一般利用者の皆さまに支えられながら、毎日運営できております。

未来会議室のsnsで、館内やスタッフの様子を更新しています。
是非ご覧ください。
(最新ですと、業務用掃除機が届いたり、お菓子を破格販売している様子をアップしています)

Facebook:https://www.facebook.com/miraikaigishitsu/
Twitter:https://twitter.com/miraikaigi1123
Instagram:https://www.instagram.com/miraikaigishitsu/

 

さらに、4周年へ向け、新たにインフルエンサー割や春のスタートダッシュキャンペーンを始めました。
無料でご利用いただける方もいらっしゃいますので、お越しください!

学割廃止、インフルエンサー割のお知らせ



最大震度7の前震発生から2年を迎えた、熊本地震。

復旧復興に向けて一歩ずつ歩んでいますが、まだまだ長い道のり。

未来会議室は

熊本で働くすべての人に「働く」をおもしろくする空間を提供する

このコンセプトの元、熊本に尽力して参ります。


 

スタッフ:maria