未来会議室ブログ

お盆ですよ

更新日:2017.08.11
スタッフブログ

こんにちは。スタッフの坂本です。ヽ(´▽`)/

8月に入り、今日から熊本もお盆、帰省、お墓参りシーズンです。

熊本にお住まいの方はご存じかと思いますが、熊本では7月盆と8月盆に分かれてます。

東京と、地方のお盆の時期が違う理由は、時期をずらすことで、縁者一同が集まりやすくなり、皆でゆっくり先祖の供養をするために、このような形が定着したそうです。

最近では会社や学校の休みの時期に合わせた8月盆に移行しつつあり、いずれの月も13日に迎え火を焚き、15日(地域によっては16日)の夜に送り火を焚きます。

故人の忌明けが済んだ後、初めて迎えるお盆を初盆(はつぼん)。故人の霊が初めて家に戻ってこられるので、特に手厚く供養する習慣があります。
熊本市など7月盆が残る地域では、初盆に限り新暦の7月に行うこともあります。


熊本市内で7月15日に行われる坪井川精霊流しや、8月15日の川尻町精霊流しは特に有名で、川尻の精霊流しは400年以上の歴史がある伝統行事です。
無数の万灯篭が流れる光景は熊本の夏の風物詩となっています。

 


キュウリや茄子でつくる夏の風物詩。この時期になると見かけるものかと思います。
これの↑名前をご存じでしょうか。
精霊馬(しょうりょううま)です。です、と言いましたが……私はここで初めて名前を知りました。
割りばしや爪楊枝などを利用して、それぞれの野菜に足を刺して作ります。それぞれの動物は、祖霊の乗る乗り物に見立てられています。
馬は「早く先祖の霊に帰ってきてほしい」、牛は「ゆっくりあの世へ戻ってほしい、この世からたくさんの供物を積んで楽に帰れるように」とされているところもあれば「ゆっくり丁寧にお迎えしたいから牛で迎え」「急いで帰ってもらうために馬をお供えする」という逆の地域もあります。

ネットで精霊馬の画像を検索すると、ユニークな作品がいくつか出てきますので、ふつうの精霊馬では満足がいかないという方は、参考にされてみてはいかがでしょう。



ちなみに未来会議室はお盆も通常通り朝9時~夜23時まで営業中です! ( ´∀`)b
夏休みの宿題や仕事を消化したい方はぜひご利用ください!それ以外の目的での利用ももちろんオッケーです!ご来館、お待ちしています!




 電話で問い合わせる