未来会議室ブログ

高校生会員 高木結衣さんインタビュー

更新日:2018.04.08
会員様インタビュー

今回の会員さんインタビューは、立命館大学に合格された、
元高校生会員の高木結衣さんです。
未来会議室の使い心地や、勉強についての考え方をお話ししていただきました。


環:まずは、立命館大学産業社会学部現代社会専攻に合格、おめでとうございます!


結衣:ありがとうございます!


環:では早速ですが、インタビューを始めさせていただきます。

ー未来会議室を使い始めたきっかけ、使ってみての感想を教えてください。


結衣:はじめは友達に、勉強しやすいところがあるよと教えてもらいました。
使ってみたら街から近くて、放課後や休日に友達と遊んだ後にも来やすくて、
良いなと思いました。
あと、夏は麦茶が無料で置いてあるのもよかったです。


環:ありがとう!お勉強しやすかったのなら嬉しいです。
結衣ちゃんが勉強しているのを見ているとね、
集中して、自分で工夫して頑張っているなーと思っていたの。
だから、スタッフの私が言うのもあれだけど、
未来会議室じゃなくても、学校やお家でも頑張れる人なんじゃないのかな
と思っていたんだけど、
そのあたりはどう?


結衣:うーん、まず、勉強は新しいことを知ったり覚えたりするインプットと、
理解したかどうかを試すアウトプットの両方やることが大事だと思うんです。
私は学校でインプットして、未来会議室ではアウトプットと、更に足りないところの
インプットをするようにしていました。
学校では先生に色々教えてもらえるけど、
決められて指示される通りにやるだけじゃなくて、
自分で内容も時間も決めて勉強することが大事だと思っていたので、
未来会議室でそういうふうにできるのが、私には合っていたんだと思います。


環:なるほど。自分で決めるのが合っていたんだね。
勉強の内容も、休憩とのメリハリも、すごいなー、と尊敬していたんだよ。

[自作の資料集のような結衣ちゃんのノート。こんなページがたくさんあります。]


結衣:あと、目標に向かって集中してお仕事を頑張っている
大人の人たちが周りにいたので、
私もやる気が落ちなかったです。
ほかのところは民度が低いから……。


環:大人の方もね、以前のインタビューにもあったように、
結衣ちゃんたち高校生のみんなが勉強している姿は、とても励みになるみたい。
お互いが刺激し合える環境っていいね。
ちなみに、民度が低いっていうのはどういう意味?


結衣:学生ばかりの自習室は、おしゃべりしたり、
集中していなかったりというかんじで、
あまり勉強を頑張ろうっていう雰囲気じゃないんですよね。
そういうところを民度が低いって言うかなあ。
あとは、カフェだと勉強してたら追い返されちゃうし。
未来会議室はみんなそれぞれ来る目的がはっきりしているから、
集中しやすかったのかな。

ー使ってみて良かったところをたくさん挙げてもらいましたが、
反対に未来会議室の改善点があれば教えてください。



結衣:さっきの話とつながるけど、
オープンデー(ドロップインを1日無料で利用していただける日)
はどうしても民度が低くなっちゃうんですよ。
それは未来会議室の雰囲気を知らない人が増えてしまうからだと思うんですけど。
だから、雰囲気が壊れないようになるといいなあと思っていました。


環:そうですよね。
オープンデーは、まだ未来会議室を使ったことのない方にも
知ってもらえるきっかけになればと思って行っているんだけど、
いつも使ってくださっている方にも、新しく知ってくださった方にも
使いやすいと思ってもらえるように、またスタッフで話し合って良い方法を考えますね!


結衣:お願いします!

ー最後に、これから勉強を頑張る後輩の皆さんへメッセージをお願いします。


結衣:最近考えていることがあって……
よく、「近頃の高校生は無知だ」と言われるけど、無知がいけないんじゃなくて、
知ろうとしないのが良くないし、
知りたいと思えるような時間や場所がないのが良くないと思うんです。
「これもっと知りたい!」と思えるくらいにゆっくり使える時間や場所の余裕があれば、
みんなもっと色んなことを知りたくなると思う。
そうしたら無知でもなくなると思うんです。
私は未来会議室でそういう時間や場所を持つことができて、
色んなことを知りたいと思って勉強できて良かったなと思っているので、
そういうふうに使われるといいんじゃないかな、と思います!


環:なるほど……。
私も専門は教育だから、よく子どものやる気がないとか耳にするんだけど、
そんなの子どもだけに原因があるわけじゃないと思っていたんだよ。
私は関わる側だから、関わる大人の工夫が必要だと思っていたけど、
それ以前に、落ち着いて考えをまとめたり、自分を振り返る場所や時間は必要だよね。
結衣ちゃんにとって未来会議室がそういう場所だったのは嬉しいです。
・・・

結衣ちゃんすごいね
いろいろ考えてて、聞いていると勉強になるね。


環:なんか、結衣ちゃんの話に感動してギャラリーが増えたね。


結衣:ですね!(笑)

[普段のインタビューに見学者はいませんが、この日は竹本くん、まりあさん、坂本さんが話を聞きに集まっていました。]

 


結衣:そういえば、いつもこんなかんじでスタッフさんとお話ししてたけど、
普段学校とかだけだと、歳が違う人と友達になることってないじゃないですか。

[なぜか未来会議室パーカーを着た結衣ちゃんに遊ばれている私(24歳)]

[自撮りのコツを教えてもらっているところ]

 


環:たしかに。


結衣:だから、そういう面でも未来会議室楽しかったです!
卒業するのがさみしい……。
帰省した時には絶対に遊びに来ます!


環:うん!大学のお話も聞かせてね。待ってるよ!!
今日はありがとうございました!
たまき

おわりに
結衣ちゃんと初めてしっかりお話ししたとき、
志望校へ推薦で行く方法もあるけど、
自分はたくさん勉強して絶対一般で合格するんだと言われていたのが印象的でした。
その言葉通り本当にたくさん勉強して、
合格を決めてこられた結衣ちゃんはとてもかっこいいです。
大学ではまた違った大変さもあって悩むこともあると思うけど、
何かあったらお話ししに来てね。
スタッフみんな待っています!
福岡 環