「事業化マッチングのためのラウンドテーブル」3/29木曜 16:00-18:00 【無料】

更新日:2018年01月29日


マッチングシーズ
音響製麹米麹の機能性食品への応用
音響製麹により酵素バランスを制御した各種米麹の応用

■講師 三枝敬明氏
崇城大学生物生命学部 応用微生物工学科 教授

■日時3月29日(木曜)16:00-18:00
■会場 未来会議室・イベントスペース
※今回は、市役所本館ではなく、未来会議室です。
熊本市中央区下通1-12-27 CORE21 下通ビル5F

※懇親会(有料)はヤードを予定(18:30-20:30)

■定員 20名程度ぐらい
■参加費 無料
主催 熊本市経済観光局・産業部 産業振興課
後援 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 九州本部

今回は、崇城大学生物生命学部の三枝敬明教授を
囲み、「音響製麹米麹の機能性食品への応用」を
テーマで産学マッチングイベントを企画しました。
どうぞ、この機会に、お気軽にご参加ください。

=========================================================
先生の略歴、活動状況
=========================================================
1995年 崇城大学(旧名 熊本工業大学)大学大学院
工学研究科応用微生物工学専攻 博士課程修了
(博士(工学))
1996年 同大学 応用微生物工学科助手
2007年 同助教
2008年 同准教授2016年 同教授
現在に至る。
■所属学会
日本醸造学会、日本食品科学工学会、日本農芸化学会、日本生物工学会
—————————————————–
●その他の研究シーズ
■植物(野菜・果物・穀物)のみを原料とした機能性甘味料の開発
■バイオマス(焼酎粕・酒粕・柑橘系果皮)を原料とした機能性甘味料の開発

 

=========================================================
研究テーマ・キーワード
=========================================================
■音響製麹、周波数、米麹、酵素、機能性食品
=========================================================
シーズの概要・アピールポイント
=========================================================
米麹の製麹工程において、様々な周波数の音波を照射した結果、
1.0kHz、6.3kHz、16kHzの3つの周波数においてのみ、米麹の
酵素活性が各々特徴的な影響を受けることを確認しました。
特に、6.3kHzおいては、各種酵素活性のうち、グルコアミラーゼ
活性のみ低下する傾向にあり、この6.3kHz照射製麹米麹を用い
て甘酒を製造したところ、オリゴ糖を多く含む甘酒になりました。
現在、この高オリゴ糖含有甘酒を元に、美肌効果を有する機能
性飲料の製造を試しています。その他、各周波数による音響製
麹米麹を用いて、高抗酸化能甘酒、オリゴペプチドを多く含んだ
血圧上昇抑制能甘酒の生産も試みています。

◎利点・特徴・成果
■米麹に含まれる主な酵素には下記があります。
・グルコアミラーゼ デンプン⇒ブドウ糖
・α-アミラーゼ   デンプン⇒オリゴ糖
・ペプチターゼ   タンパク質⇒アミノ酸
製造工程において、これらの酵素バランスを調整するために、
温度、湿度、時間などの様々な環境条件を細かくコントロール
しなければなりません。本研究では、これらの条件に音を加え、
これまでにない米麹をつくり、新しい機能性食品に応用すること
を目的としていてます。
■現在、マルトースを多く含む甘酒を原料として、美肌効果のある
「エチル-α-D-グルコシド」を含んだ機能性飲料の開発を目指して
います。「エチル-α-D-グルコシド」は日本酒に約0.5%程度含まれ
ており、塗っても、飲んでも効果のある機能性糖として報告されています。

 

=========================================================
企 業 の 皆 様 へ
=========================================================
常識に囚われない、自由な発想による商品開発を心がけています。
是非、この機会に、各企業様とのご縁ができればと思っておりますので
お気軽にご参加いただければ幸いです。

 

申込締切 3/28水曜

========メールで申込は ここから 3/29ラウンドテーブル
aoyama.koichi@city.kumamoto.kumamoto.jp まで
社名
部署/役職名
氏名
TEL
FAX
E-MAIL

※懇親会も予定しています。 □参加 □欠席 □当日回答
※懇親会申込後のキャンセルが発生した場合は前日まで
お知らせください。(予約の関係上)
◆相談内容(必須)—————————-

 

 

 

 

 

————————————————